始める人が多いジム活!失敗しないために知っておきたい基本的な知識が満載!

当サイトでは始める人が多い、ジム活に役立つ情報をご紹介しています。
失敗しないために知っておきたい基本的な知識が満載となっていますので、ぜひ参考にしてみてください。
知っておきたい様々な施設の種類とそれぞれの特徴も解説しています。
どのようなところを選べば良いか分からない場合に参考になるでしょう。
さらにはダイエットに効果的な利用方法にも触れています。
痩せる目的で通って運動しようと考えている場合にもおすすめです。

始める人が多いジム活!失敗しないために知っておきたい基本的な知識が満載!

これからジム活を始めるときには自分に合ったジムを選ぶのが大事です。
失敗しないためには種類と特徴を押さえておくのがおすすめです。
ジムには公営のものやパーソナルトレーニングが受けられるところ、会員制の民営ジムなどがあります。
公営の場合は安く利用できる傾向がありますが、設備は民間の方が充実していることが多いです。
パーソナルジムはトレーナーの指導を受けつつ運動出来るのが特徴です。
民営の会員制タイプは、24時間営業の施設が多くあります。

初心者がジムに通うにあたっての準備や心がけ

初心者がジムに通うにあたり準備しておきたいのが、トレーニングのために必要な持ち物です。
受付に毎回出す会員証にトレーニングウェア、専用の物を購入しても良いですし、動きやすさのある服装でも構いません。
足元の安定感は思うより大事ですから、自分の足にフィットしたトレーニングシューズも用意しておくことです。
靴下や発汗が多くなるので、着替えも忘れるわけにはいきません。
気持ちよく汗をかいたら洗い流してさっぱりさせる辞めに、バスタオルや洗面道具にフェイスタオルも持参です。
ほとんどの施設ではシャワー完備、お風呂付というところも多いので、忘れないように持っていきます。
靴下ですがストッキングは滑りますし薄いので運動には不向き、ビジネス用も運動には適しません。
ジム絵行く日には足元をしっかり守る靴下を持っていき、履き替えるようにすることです。
施設内でも販売しているものの、適度な水分補給のために飲み物も持参します。
マナーとしてジムで使用したものは、最初にあったところへ戻すこと、心がけたいことです。

サラリーマンやOLがジムに通う回数や頻度はどれくらい?

サラリーマンやOLがジムに通う回数は週に2回というのが一番多いです。
平日は働いて休日は趣味を満喫する人が多いのが特徴です。
サラリーマンやOLは忙しいから休日しかジムに通えないと思っている人もいるかもしれませんが、無駄な時間を削ると週に3回以上通うことも可能です。
例えば仕事が始まる前や仕事終わりです。
朝早く起きることができれば会社に行くまでの時間を使えますし、仕事が終わった後にお酒を飲んだり家でゴロゴロしている時間を減らせばジムに行けます。
現代人は特に用事がないのにスマートフォンの操作をしたり、ネットで芸能人のゴシップニュースを見たり、オンラインゲームを何時間も楽しんでいる人が多いです。
すべてが無駄な行為とは言わないですが、必ず必要な時間ではないはずです。
やりたいことが明確に決まっている場合はスマートフォンの使い過ぎ、ネットの使い過ぎ、ゲームのやり過ぎはやめるべきです。
工夫次第でジムに通う回数や頻度を増やすことができます。

ジムに通うことで得られるメリットは?

効率よく筋トレできる設備も専用マシンも揃っているため、ジムに通うことで様々なトレーニングに挑戦をすることができます。
効率よくトレーニングできるのもジム通いのメリット、マシンで鍛えてプールで泳いだり、トレーニングの選択肢も幅広いです。
公園など外でランニングや体操をするのとは違い、施設の中で体を動かせるので、天候にも左右されることはありません。
全身運動になるプールも夏だけではなく、温度管理も完璧ですから冬でも利用できます。
たくさん動くことで汗をかきますが、お風呂やサウナ付きですから汗もすぐに洗い流せるのも利点です。
汗臭いままで帰りの電車に乗る必要もなく、さっぱり快適な状態で帰りまで爽快な気分でいられます。
正しいトレーニングができているのか、不安な時でも相談できるトレーナーが在籍しているのも大きいです。
運動は好きな音楽を聴きながらでもできますし、ヘッドホンを用意していることもあります。
飽きることなくウォーキングができますし、室内設置のテレビを見ながらでも大丈夫です。

自分に合ったジムを探す選び方ポイントは?

自分に合ったジムの選び方のポイントは、自分の求めるニーズと特徴が合っているかにかかっています。
まずスポーツクラブなどは、ライフスタイルに合わせながら自由に利用したい人に最適です。
またトレーニングに関する基礎知識がすでにあり、とにかくトレーニングに励みたい人には、マシンや器具を自由に使えるタイプが合っています。
そして体を鍛えるのではなく、楽しく運動したり集団の一体感を感じたい人にはフィットネスジムが向いています。
さらにダイエットやボディーメイクの目標を短期間に達成したいならば、パーソナルトレーニングジムがおすすめです。
他にも費用を抑えてトレーニングをするのであれば、低価格の公営ジムを利用するべきであるといえます。
もちろん一番のポイントは、立地条件や雰囲気といった通いやすさであることは言うまでもありません。
トレーナーやインストラクターとの相性も重要ですので、まずは見学や無料体験などを活用してじっくりと選ぶことが大切です。

著者:奥原弘明

筆者プロフィール

大阪府高槻市生まれ。
運動が苦手でもダイエットを成功させた経験を活かして、ジムの効果的な通い方や活用方法について執筆しています。
堺市 ジム